理学療法士の仕事

理学療法士とは

理学療法士とは病気や事故などで身体に障害や不自由さを抱える人や高齢により身体機能の衰えた人などに対し、医師の指示の下でリハビリテーションを行い、運動能力の回復を支援する仕事です。英語でphysical therapistと言うことから、理学療法士のことを略してPTと言うこともあります。具体的には歩く、座る、立つ、寝返りを打つなどといった身体の基本的な機能回復をサポートすることが理学療法士の専門領域となります。身体の構造を熟知した上で、その人に合ったリハビリ計画を練り、運動療法や物理療法といった専門的な手法を取り入れながら、効果的に身体機能を引き出したり、回復させたりすることを目指します。理学療法士が実践する代表的なリハビリには運動療法や物理療法があります。

理学療法士の代表的な勤務先となるのは病院です。入院施設やリハビリ施設を備える総合病院のほかにも、町の整形外科などでも理学療法士は活躍しています。そのほかにもリハビリテーションセンターや老人ホーム、障害者施設といった福祉施設も勤務先となります。また、スポーツ施設やフィットネス施設で働く方や、プロのスポーツ選手やアスリートのリハビリを専門とする理学療法士の方もいらっしゃいます。

当サイトでは理学療法士の様々な仕事や理学療法士になるために必要となる資格などについて触れていきます。理学療法士の仕事に興味があるという方や、これから理学療法士を目指したいという方に向けて役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。


■■■ 推奨サイト~理学療法士~ ■■■
これから理学療法士として働くことを目指す方は、専門学校へ通いながら勉強する方法があります。こちらの専門学校は、実際に病院やリハビリテーションセンターなどでの実習経験を積むことが可能です。実践的な学びをしたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか ⇒ 理学療法士 専門学校