理学療法士の仕事

理学療法士の仕事

理学療法士の仕事は病気や怪我からの回復を促すことだけでは無く、一人ひとりの生きがい、その人らしさをサポートするということも理学療法士の大切な仕事の一つであると言えます。理学療法士の仕事は多岐に渡り、理学療法プログラムの作成においては理学療法を受ける人についての情報の収集、分析を行い、その人にあった治療法について考えます。身体の状況についての評価、分析においてはさまざまな検査を用い、個々の痛みや身体機能について評価と分析を行います。

基本動作能力の改善においては立つ、座る、歩くなどの基本動作を支援します。運動療法においては運動療法を用い、より身体に負担の少ない動き方の指導を行います。物理療法においては、マッサージ、温熱などの物理用法を用い、痛みの軽減、麻痺の回復を目指します。また、自立した生活が送れるように、地域や自宅においての自立支援のアドバイスを行うことも仕事の一つです。

このように理学療法士の仕事には様々なものがあり、からだの基本的な機能回復、獲得をサポートするべく多くのアプローチを行います。基本的な機能回復とは寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基礎となる動作の改善全般のことを指します。